オオカミ

日本では、東北地方から九州までの各地に生息していたようですが、1905年、奈良県で捕獲されたオスの記録が最後で、その後絶滅したと考えられています。
オオカミは世界中で家畜を襲う『害獣』として人間様に嫌われ、駆除されてきた結果、絶滅へと追い込まれてしまった地域がほとんどです。
しかし、そのような地域では、何が起こったのでしょうか?
まず、天敵を失った大型の草食動物が異常に増加、植物を食べ尽くし、森林が消滅する。さらに、餌がなくなった草食動物が農作物を襲うあるいは、大量死が発生する。といった大きな変化が生態系にもたらされることになりました。
アメリカのイエローストーン国立公園においては、生態系の修復を目的に、絶滅してしまったオオカミの『再導入』が行われ、成功を収めたといわれています。